FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドベントカレンダー2018。

今年は久しぶりにアドベントカレンダーをいただきました。
ちな→アドベントカレンダーとは

↓お写真はこちら。
2018-12-01_16-44-56_422.jpeg
中身はキャンディーやチョコです。

このカレンダーのおかげでしばらくは毎日がクリスマスへのうきうきカウントダウンDayです。感謝感謝。

後で知ったのですが、付属のシールで表のツリーを飾ることが出来ます。
カワユ!
S__90177539.jpg


今年は12月になってもあまり寒いと感じる朝が少ないように思います。
寒さは苦手なので嬉しい限りです。

それでもタジはお布団にもぐって寝ることが増えました。

2018-10-22_10-22-53_034.jpeg

寝ると言えば、先日ニトリで掛布団を購入しました。
評判のよいNウォーム素材で、毛布に綿を入れたような掛けカバーがいらないタイプ。

↓画像はニトリより。
download.jpg
そのまま使える吸湿発熱掛ふとん(Nウォーム H)

とても軽いのと、肌触りがサイコ―なので朝晩が快適になりました。
スポンサーサイト

ねこベッドその後。

以前、ねこベッドを作りました。
こちらがその時の記事です→ねこベッド作りました。
もう4年も前になります。

ジェリさまが隠れられるように上にカバーができるようにしていましたが、カバーのある上部を付けていたのは最初のひと月ほどで、あとはずっと下のハンモック部分だけで使っています。

夏はこんな感じです。
IMG_5224.jpg

夏バージョンで寝るふたり。
IMG_6026.jpg


春と秋はこちらのクッションバージョン。(奥に冬バージョンが写りこんでいます・・・)
2017-11-08_14-14-06_104.jpeg

基本的に冬以外はその季節ごとにシートを変えるだけで十分対応できています。
ただ、冬は秋のクッションの上からカバーをかけてぬくぬく仕様にしているのでご紹介します。

カバーは
「1.ボア生地を丸く切って」
「2.端を折り返して縫って」
「3.ゴムひもを通した」
だけの簡単なものです。材料は生地、紐、ストッパーと全てダイソーで買いました。


名称未設定-2


コードストッパーを付けたところのアップ。
2017-11-08_14-13-12_640_20181202173034c60.jpeg

取り付け方は全体的に包み込んで裏のゴムをぎゅっと絞るだけです。

御本家のキャットモックからもボアカバーは出ています。
キャットモックカバー
カバーだけで\3800だとか。。。ペット用品てお高いですよね。

冬バージョンですやすやのじぇり様。
IMG_5422.jpg

葉っぱのアクリルたわし(覚書)

キッチン用のスポンジは、自分で編んだアクリルたわしを使っています。

本当は買った方が安いし手間もいらないのですが、編むと自分で丁度いいサイズにできるんですよね。使い勝手が良すぎて市販のスポンジでは満足できなくなってしまいました。

左のグレーは普通のアクリル毛糸、右は東レの抗菌防臭繊維セベリス使用のアクリル毛糸です。

20180514

すぐに作り方を忘れてしまうので、自分用にレシピの覚書を載せておきます。

【葉っぱのアクリルたわし】
① 12目作り目。
② 1目立ち上げ、細編みを11目編んだら最後の目に3目(2目増やし目)。
③ 続けて細編みを10目編んで1段終了。(1目残る)
④ 2段目は1目立ち上げ、編地を裏に返してうね編み(鎖目の向こう側1本をすくう細編み)を11目編んだら、前段と同じ位置で3目(2目増やし)、続けて11目うね編み。
⑤ 14段まで同じ要領で編む。(左右に7つ段ができる※セベリスの場合は全12段/左右6段)
⑥ 最期は葉の軸1目引き抜き編み、続けてループを作るために鎖を10目編んで再度もとの所で引き抜く。
⑦ そのまま引き抜き編みで葉脈を編み、裏で編み始めの糸と結んで糸を始末する。


伸びてるじぇり様も載せておきます。

2018-04-10_19-21-44_317.jpeg

あと、ぎゅうぎゅうのタジ。

2018-04-21_20-35-11_545.jpeg

ピーチネックレスの冬越し、覚書。


ベランダで長々と垂れていたピーチネックレスを短く切り詰めて室内へ移動させました。
初めはカーテンレールにS字フックをつけて吊り下げようと思っていたのですが、そのままではブラインドの開閉に邪魔になります。

IMG_5463.jpg

そこで通常ドアの上部につけるフックを使って少しブラインドとの距離を稼ぐ作戦に。

↓本当はこんな感じで使うもの。
1173-240801-r1.jpg 

結果、なかなかいい塩梅となりました。

IMG_5462.jpg 

切り詰めた時に余った部分は水栽培してみます。
このまま冬越しは難しいかな。ある程度根が出たら鉢に植え替えた方がいいかもしれません。

天井の少し高い位置なので、よくある100均のコーナー棚を利用してみました。そのままでは押しピンが丸見えなので、上下逆さまにして取り付けてあります。ちなみに棚の耐荷重は500gです。

IMG_5441.jpg 


さて、こちらはいつものように顔を地面にめりこませて寝ているタジです。

IMG_5453.jpg

覗き込んでみてもお顔が見えません。

IMG_5455.jpg

シンゴニウムの冬越し、覚書。


秋も深まり、最低気温が5℃を下回る日もちらほら。
そろそろベランダの植物たちを室内に取り込む時期となったようです。

普段は吊り鉢に仕立てているシンゴニウムは、土に根が張っていない茎の部分を切り取って水栽培で冬越しさせます。
本当は鉢ごと室内に避難できるといいのですが、部屋が狭いので苦肉の策です。

IMG_5436.jpg

場所は部屋の仕切りになっている引き違い戸の上です。

IMG_5437.jpg

突っ張り棒を取り付け、フック付きのピンチで水の入ったブリキのバケツを吊るします。
このピンチはキッチンツール用で耐荷重が1㎏あり、なかなかに頼れる逸品です。

これから春がくるまでの4か月ほどこの状態で過ごします。
春にはこれをそのまま新しい土に植えると簡単に根付いてくれるのです。

次は同じくベランダで釣り鉢にしているピーチネックレスの冬越し作業が待っています。
置き場所が問題なんですよね。。。


IMG_5425.jpg

タジとジェリーは日向ぼっこの時間が増えました。

検索フォーム
ねこぱんちコーナー

FC2Blog Ranking

リンク
FC2プロフ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。